石川県農業法人協会

« 北信越ブロック農業法人協会研修交流会を開催 | メイン | 県農林水産部及び日本政策金融公庫との意見交換 »

2013年08月12日

県農林総合研究センターとの意見交換

8月12日(月)県農林総合研究センターと意見交換を行いました。

試験場内の圃場で、大豆「里のほほえみ」や「コシヒカリ」の超晩植栽培等への研究取組みについて説明がありました。
意見交換では、県農林水産部水野部長からコマツとの農業に関する包括連携協定に関し、稲作の作業工程を細分化したデータ収集について協力頂きたいとの提案があり、協会会員からは過去に行ったデータ収集の利活用や農業への経営的アプローチの整理が必要である、また、農産物加工部門での効果が期待されるとの意見がありました。
また、試験場における研究に対しては、品種開発、栽培実証、導入、マネジメントをセットで提案するスピード感が必要との意見がありました。

Author ih_houjin : 2013年08月12日 11:15

石川県農業法人協会・社団法人 日本農業法人協会石川支部
 All contents copyright(c) 2005Ishikawa Agriculture Corporate Association Allrights reserved.