石川県農業法人協会

2015年02月02日

県農林総合研究センターとの意見交換

2月2日(月)県農林総合研究センターと意見交換を行いました。

農林総合研究センターで育成した水稲多収良食味晩生品種について、コシヒカリ等と比較し食味評価を行った後、品種の特徴について紹介があり、その後、水稲の低コスト化技術に関する研究取組ついて説明がありました。
意見交換では、近年の農業施策は流通・販売面に重点が置かれているので、今後は今一度生産面にも目を向けた施策も必要なのではないかとの意見がありました。


Author ih_houjin : 14:29

2014年12月17日

県農林水産部農業政策課及び日本政策金融公庫との意見交換

12月17日(水)県農林水産部農業政策課及び日本政策金融公庫との意見交換を行いました。

県農林水産部農業政策課 家元補佐、小谷主幹から「農地中間管理事業」をテーマに、農地制度の体系や地域集積協力金等について説明がありました。

 協会会員からは、農地中間管理機構を通じて農地を借りた場合の相続税の扱い方に関する意見がありました。
 その後、日本政策金融公庫金沢支店から「消費者動向調査」「農業経営動向調査」の説明を受けた後、資金の融資制度等について意見交換を行いました。

Author ih_houjin : 13:00

2014年11月25日

平成26年度農業経営セミナーを開催

11月25日(火)石川県地場産業振興センターにて、平成26年度農業経営セミナーを開催しました。
今回は、株式会社神明ホールディング専務取締役兼米穀本部長の吉川和男氏から「米流通の現状と今後の生産・販売戦略について」と題し、米業界が抱える課題や26年産米の動向、今後の販売対策等についてご講演いただきました。
協会会員からは、米価下落に向けてどのような対策が必要か、今後消費者はどのようなお米を求めるのか等の意見がありました。

Author ih_houjin : 11:12

2014年11月07日

全国農業法人秋季大会・セミナー及び第5回ファーマーズ&キッズフェスタに参加

11月7日(金)~9日(日)にかけて全国農業法人秋季大会・セミナー2014in関東及び第5回ファーマーズ&キッズフェスタ2014が開催されました。
初日は、「横浜港で見る輸入農産物の衝撃の実態」をテーマに現地視察を行い、一部の輸入食品の保管状況が適正に行われていないことや輸入食料検査の実態(十分な検査対応ができていない状況である)等について説明を受けました。
その後、株式会社小松製作所 坂根相談役から「世界の基本的変化と日本の構造改革」をテーマに講演が行われました。
8日~9日にかけて、東京都千代田区の日比谷公園にて第5回ファーマーズ&キッズフェスタ2014が開催されました。
当協会からは、(有)かわに、(有)のむら農産、(農)北辰農産の3法人が出展しました。
フェスタでは全国から多くの農業法人が出展し、両日で約55,000名のお客様が来場し、会場は大変活気に溢れていました。


Author ih_houjin : 08:32

2014年10月27日

北信越ブロック農業法人研修交流会を開催

10月27日(月)新潟県上越市にて北信越ブロック農業法人研修交流会を開催しました。
北信越5県の農業法人協会会員のほか、日本農業法人協会役員、賛助会員等の77名が出席しました。
研修会では、「農業ビジネス」編集長の浅川芳裕氏から「農業大国日本の米ビジネス戦略」、中央農業総合研究センター作物開発研究領域稲育種グループ長の前田英郎氏から「戦略的米品種育成の現状と今後の展望」と題し、それぞれ講演頂きました。
その後、情報交換交流会を開催し、研修会講師との意見交換や出席者同士の交流を図りました。
翌日28日(火)は、(有)穂海農耕、直売所(JAえちご上越旬菜交流館あるるん畠)にて現地視察を行いました。

Author ih_houjin : 11:36

2014年09月29日

県農林総合研究センターとの意見交換

9月29日(月)県農林総合研究センターと意見交換を行いました。

試験場内の圃場で、水稲多収良食味晩生品種「石川65号」や「あきだわら」の研究取組みについて説明がありました。
意見交換では、高密度育苗と高精度移植による水稲低コスト栽培技術に関する研究について報告があり、協会会員からは、水稲の経営面積拡大を行う大規模経営体等では大変興味深い技術で、今後是非取り組んでみたいとの意見がありました。
また、試験場における研究に対しては、今後は経営的な観点を切り口とした研究が必要とされるのではないか、各農家から現場の意見を吸い上げて研究に活かしていくために、今後も普及との連携をより密にし、研究を進めて欲しいとの意見がありました。


Author ih_houjin : 18:22

2014年09月05日

中小企業青年中央会との交流会を開催

9月5日(金)石川県地場産業振興センターにて中小企業青年中央会との交流会が開催されました。
石川県中小企業青年中央会、石川県農業青年グループ、石川県農業法人協会の各会員から合わせて44名が参加しました。
当日は(農)Oneの宮野義隆氏とブランジェタカマツの高松和彦氏が「加賀レンコンパンで連携」と題し、異業種との連携に関する事例を発表いただきました。
その後、「異業種との連携」をテーマに参加者全員で意見交換を行いました。



Author ih_houjin : 17:50

2014年08月08日

北陸三県農業法人協会連絡会に出席

8月8日(金)富山県富山市桜木町において北陸三県農業法人協会連絡が開催されました。
河二会長ほか2名の役員が出席し、日本農業法人協会佛田副会長から「日本農業法人協会を取り巻く情勢報告」についてご説明頂き、北陸農政局雜賀局長から「農林漁業成長産業化ファンド(A-FIVE)の活用」に関するご説明を頂き、各県の活動状況を紹介し意見交換を行いました。

Author ih_houjin : 17:29

2014年06月09日

第19回通常総会を開催

6月9日(月)ホテル日航金沢において第19回通常総会を開催しました。
総会には、会員44法人が出席(委任状出席16法人を含む)したほか、北陸農政局長をはじめ多数の方に来賓としてご臨席いただきました。

総会では新規会員の紹介に続き、(農)Oneの宮野義隆氏を議長に選出し、以下の議案が提出され承認されました。

第1号議案 平成25年度事業報告の承認について
第2号議案 平成25年度収支決算の承認について
第3号議案 平成26年度事業計画(案)について
第4号議案 平成26年度収支予算(案)について
第5号議案 平成26年度会費の額並びに徴収方法について


総会に引き続き、関係団体との共催により、農業経営セミナーを開催しました。
今回は、特定社会保険労務士の河智昭彦氏を講師に招き、「安全配慮面からみた人材管理のすすめ」をテーマに講演頂きました。

セミナー終了後は、情報交換交流会を開催しました。会員相互の意見交換のほか、関係団体との交流を深めました。


Author ih_houjin : 17:13

 
石川県農業法人協会・社団法人 日本農業法人協会石川支部
 All contents copyright(c) 2005Ishikawa Agriculture Corporate Association Allrights reserved.